私が家計簿をつけるのが楽になった一言

b11cfdc0b0760219797509d2031290ea_s

家計簿をつけるのは好きですか?

私は前はとても苦手でした。

とにかくお財布の中のお金と家計簿のお金が合わない。

そのたびに嫌になって、つけるのをやめたことも何度もあります。

元々子どものときからお小遣い帳も2行しかつけたことがありませんでした。

面倒くさがりで、飽きっぽかったんです。

そんな私が今や毎月しっかり家計簿をつけれるようになりました。

そのきっかけは、ある一言。

その言葉を聞いて、家計簿をつけるのが楽になったんです。

スポンサーリンク

 支出をしっかり把握できればよい

その一言とは、

「家計簿はいくら使ったかが分かればいい」

ということ。

つまり財布の中の金額と家計簿上の金額を合わせることより、支出金額だけを把握できてればよいということ。

この言葉を聞いて、家計簿をつけるのがぐっと楽になりました。

財布の残金が家計簿と合わないのがすごくストレスだったからです。

そこで最初は支出をしっかり把握して、収入を上回らなければよしという緩めの家計管理を始めました。

いろんな家計簿を試してみて、一番使いやすかったのが雑誌サンキュ!から出ているHappy家計簿

この家計簿通りに、固定費と変動費を分けて計算することで楽に管理できるようになりました。

毎月の支出をしっかり記入していくことで、使い過ぎに気付くことができて、どこを改めればいいのか視覚的にわかるようになりました。

現在の家計管理

あれから家計管理が好きになり、家計簿は自分で作った年間用のノートとスマホのアプリで管理しています。

さらに最近もう少し変動費の見直しをしたいので、別のノートに買った物を細かく記録するようになりました。

今では家計簿をつけるのが、趣味になりつつあります(^_^)

やはり長く続けるには、自分にあった楽な方法を見つけることが大事だと思います。

そのために使いやすい家計簿を見つけたり、家計簿アプリを利用してみたりいろんな方法を試してみるのもいいですね。

私はようやく自分の楽なやり方を見つけることができました。

今後もしっかり家計管理をして、貯金を頑張っていきたいです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

暮らしづくりの参考にしているテーマ

少ないモノで暮らす
ミニマリストの持ち物
スッキリさせた場所・もの
無印良品 オススメのモノ
簡単♪上手に節約術
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
家計簿みせて♪

おすすめの記事

断捨離を効率よく行う方法
ストレスフリーで貯金を増やす
日用品も使い切る生活へ
スッキリにかかせない収納用品
話題のおいしっくすを試した件

ランキングに参加中です!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

こちらの記事もどうぞ



関連記事