自分に向いていない節約は頑張らない

820c595a289354250562409b2ed0cc7b_s

節約して貯金を増やしたい理由は、人それぞれありますよね。

私が貯金したい理由は、子どもの学費と老後のため。

多額の奨学金返済で苦しんだ過去があるので、できるだけ借金をしたくないのです。

スポンサーリンク

無理のある節約生活は続かない

少しでも多く貯金するために、必死で節約をしていたこともありました。

でも必死になればなるほど、ストレスが溜まりまくり。

私に向いていないと思う節約が、光熱費の節約です。

待機電力を抑えるためにコンセントを抜きまくったり、使用する水に神経を使ったり。

ズボラな性格なので、このような細かい節約は全く向いていませんでした。

そればかりか、そのストレスでお菓子を買いまくって食費が増えるという事態に。

なんのための節約か全くわからなくなってますよね(^_^;)

固定費の削減がストレスフリー

節約生活を続けるには、ストレスなく続けるのが一番。

一番効果があったのが、固定費の削減です。

ストレスフリーで貯金を増やす3つの方法
住宅ローンの返済、子どもの教育資金、老後の生活費・・・・。 生きている限り、さまざまな物にお金がかかってきます。 ...

毎月決まって出ていく、家賃や通信費、保険料の無駄を見直してみる。

最初は手間がかかりますが、一度やってしまうと毎月何もしなくても減らした分のお金を節約できます。

これが私に向いていた節約方法で、月2万円程支出を減らすのに成功しました。

まとめ

節約は自分の性格に合った方法を見つけて、無理なく続けるのが一番効果があります。

特に、固定費の見直しは1度はやってみるべき。

意外と無駄に支払っている部分があります。

私は、保険に多く入り過ぎてました(>_<)

これからもこういった無駄を減らして、頑張り過ぎない節約生活を頑張っていきたいですね。

スポンサーリンク
関連記事