イオンの個人賠償責任保険に加入しました。

e04da3d0523c0db800e651e809adcdd7_s

4月から息子が幼稚園に行くようになります。

今後どんどん行動範囲が増えることを考えて、個人賠償責任保険に加入することにしました。

スポンサーリンク

もしもの時に備える

最初に個人賠償責任保険に関心を持ったのは、自転車で歩行者にぶつかってしまった子どもの親が、多額の支払いを求められたことを知ってからでした。

子どもの場合、予期せぬことで損害を与えてしまうことがないとも限りません。

我が家は息子がやんちゃな性格で、危ないことも平気でするので冷や冷やします。

注意しても10秒後には忘れてる。

親が見ているときは危険を予測して注意できますが、今後はそういかない場面もどんどん増えていきます。

もしものときの備えとして、個人賠償責任保険に加入していたほうが安心できそう。

子ども自身を守るためにも加入することに決めました。

我が家が加入したプランは

いろいろ検討しましたが、個人賠償責任保険は金額が安いため単体で加入できるものが見つけられませんでした。

そこでクレジットカードに付帯しているタイプのものに目をつけました。

中でも我が家の定番のクレジットカードであるイオンカード

日用品の節約にはカードのポイントを活用。カードを絞ってポイントを貯める。
食費と同じく毎月の出費に欠かせないのが日用品代。 我が家では、私と息子が敏感肌なので日用品にこだわりがあります...

イオンカードを持っている方なら誰でも加入できる、日常生活賠償プランを選びました。

このプランは、補償内容や金額に応じて3つのプランがあります。

我が家は、一番安い月270円のCプランにしました。

他のプランは、借り物を損壊、紛失したときなども補償されるものです。

我が家の場合、物の損壊などで弁償が必要な時は貯金から出そうと思うので、最低限の個人賠償責任が補償されるものにしました。

1つのプランで家族全員が対象になるのもよかったです。
必要最小限に備えをしつつ、新しい環境へ踏み出す息子を見守っていきたいです。

スポンサーリンク
関連記事