強制的に洗濯機が使えない生活を送って実感したこと

先日ブログに書いた洗濯機が故障した件についてですが、見てもらった結果修理ではなく本体丸ごと交換することになりました。

クリスマスイブに洗濯機が壊れました。洗濯物もより少なくコンパクトに。
最近、洗濯機の脱水でエラーが出やすいなあと感じてましたがそのまま使っていたところ、ついに昨日全く動かなくなりました(泣) ...

何度も修理をお願いしていた洗濯機なので、交換してもらえると聞いて正直ほっとしました。

直してもらっても、また他のところが調子悪くなったりしてたんですよね。

でも交換してもらうまで、さらに2日洗濯機が使えない状態が続くことになりました。

スポンサーリンク

コインランドリーを使ったけど大変

洗濯機が使えないので、近くのコインランドリーにトータル4日間通いました。

コインランドリーで洗濯が終わるのを待っていられなかったので、「洗濯、乾燥、終わった後取りに行く」の工程で3回行かなければならず、かなり大変でした。

利用している方もそれなりにいましたが、混んでなかっただけよかったです。

でも自宅で洗濯できるって、それだけで本当にありがたいですね。

当たり前過ぎて、その便利さを忘れていました。

以前NHKの番組のミニマリスト特集で、洗濯機を使わないで生活してみるというチャレンジをしていたことを思い出しました。

負担にならない持たない暮らし、ゆるミニマルな暮らしがちょうどいい。
昨日、NHKのあさイチで「持たない暮らし」の特集がされていました。 いろんな方のミニマムな暮らしについて紹介さ...

その時の家族の方は、コインランドリーも使わずに手で洗っていましたが、きっとすごく大変だったろうなと今更ながら思いました。

私には、到底真似できません。

コインランドリーを利用しても、ハードでしたから(汗)

やっぱり当たり前に使っている家電って、使えなくなって初めてありがたさを実感しますね。

あらゆるモノに感謝

ようやく洗濯機を交換してもらいましたが、洗濯が楽過ぎて感動してしまいました。

コインランドリーに行く手間がないだけで、こんなに身軽に感じるとは・・・。

今何気なく使っている冷蔵庫もレンジもその他のいろんな家電も、日々の暮らしを密かに支えてくれているんですよね。

そのことに感謝しながら暮らしていかなければなと思い知らされた1週間でした。

スポンサーリンク
関連記事