手放してはじめて必要だったことに気付いたモノとは・・・。

今年も1年、さまざまなモノを処分してきました。

去年の今頃よりも確実に、部屋にあるモノが少ないです。

モノをたくさん手放したことで、自分の好きなことに気付くことができました。

スポンサーリンク

 私にとって必要だったモノ

一度は手放したけどやっぱり私にとって必要だったモノ。

それは、消しゴムはんこを作る道具でした。

2016年最初の断捨離は趣味のものから。
新年早々断捨離しております。 というのも、身内が皆仕事で忙しく、通常通りの毎日を送っています。 どこに行っても混んでるの...

今年最初に手放したのですが、消しゴムはんこはたまに無性に作りたくなるんですよね。

集中して作っている時間は、私にとって癒しだったと実感。

一度道具を手放しましたが買い直しました。

でも前みたいにたくさん道具を揃えるのではなく、必要最低限に。

そして大好きな作家さんの図案集「かわいい消しゴムはんこ」を購入して、最近は彫ることに熱中しています。

モノを減らしてモノに関わる時間が減ったおかげで、こういった趣味を楽しむ時間もできました。

必要なモノと自分の好きな趣味のモノ。

このどちらもが、私が楽しく暮らすためにはなくてはならないモノだったんですよね。

そのことに手放してみて改めて気付くことになりました。

なので、一度処分したことは無駄じゃなかったです。

これからは、消しゴムはんこを楽しむ時間をもっと大切にしていこうと思います♪

スポンサーリンク
関連記事