母の暮らしぶりから老後貯金がないと厳しいと感じる3つの理由

私の母は、現在60代。1人暮らしでパートをしています。

母の現在の暮らしを見ていると、60代からの生活はしっかり貯金をしていないと厳しいものになるということをひしひしと感じます。

スポンサーリンク

貯金がないと厳しい理由

もらえる年金が思ったより少ない

現在母は、まだ働いているので年金は受給していません。

65歳からもらう予定だそうですが、国民年金なのでおそらく6~7万円程しかもらえないでしょう。

現在のパート代が、7~8万円程なので大体同じぐらいの金額ですね。

初めてその金額を知った時は、思っていたよりもかなり少なくてびっくりしました。

幸い母の場合は、実家を賃貸にしているので月々3万円の収入もあります。

合計すると、月の収入は10万円ほど。

今後もこの金額で生計を立てていかなければなりません。

臨時の出費などは、貯金を切り崩すことになります。

やはり国民年金だけだと生活が厳しく、家賃収入のおかげで何とか成り立つような状態です。

ある程度貯金がなければ、不測の事態が起こった時に対応しきれなくなってしまいます。

私たちの世代は、年金支給年齢がますます上がりそうですし、厚生年金も国民年金も金額がもっと減らされそうなので、それを考えて貯金しなければ厳しい老後になりそうで怖いですね。

働ける仕事が限られる

60歳を過ぎると転職はもちろん、働ける職場も限られてきます。

しかも母の職場では、パートなので会社の都合で時間を減らされることもあるらしいです。

でも新たに仕事を見つけるのはもっと大変なので、時間が減らされることがあっても、今の職場で可能な限り働くそうなのですが・・・。

働きたい気持ちがあっても、年齢や会社の都合などに左右されやすくなるので、収入を増やすことが難しくなってくるんですね。

バリバリ働けるうちに稼いで、貯金を増やしておくことが大切なのかもしれません。

体力の衰え

今までの母は、ほとんど病気もしないし、かなり体力もあり疲れ知らずで健康的な体でした。

しかし、60代を過ぎるとやはり体力の衰えを感じるらしく、疲れやすくなったり風邪をひきやすくなったそう。

体力が続く限り、働き続けたいと思っていても、年齢による体力の衰えは自分ではどうにもできないものなんだなと思います。

私たちが高齢者になるころは生涯現役で仕事をしなければ、生活していけないかもしれないとも言われていますよね。

でも実際、生涯現役で働き続けるのは思っている以上に大変なことなんだと感じます。

おわりに

母の暮らしを見ていると、貯金の少ない老後は思っている以上に大変だということがわかります。

さらに、どんどん長寿になってきているので、まとまった老後資金が必要不可欠。

老後の資金を貯めるためには、今すぐにでも暮らしの無駄を見直してコツコツ貯金しておかなければなりません。

さらに、積み立てNISAやSBI証券の個人型確定拠出年金楽天証券の確定拠出年金を利用して、積み立てながら増やすをもっと重視していく必要があると思います。

安心して老後を迎えるためにも、お金にしっかり向き合って少しでも貯金を増やしていきたいものですね。

スポンサーリンク
関連記事