理想のマイホーム「平屋」はどうやら難しそうです

以前、もし家を建てるなら平屋の家がいいという記事を書きました。

家を建てるなら小さな平屋の家がいい。
自宅のポストに入っていたフリーペーパーを見ていたところ、ふと惹かれる広告が載っていました。 それは、20坪ほど...

今も平屋への憧れがあるのですが、実際にホームメーカーでお話を聞いてみると現実には厳しいなと感じています。

スポンサーリンク

平屋が高い理由

平屋を建てるには、まずそれなりの広い土地が必要になります。

土地が広いほど、かかるのがお金。

買う時はもちろんのこと、固定資産税も広さによって上がるので維持費もかかります。

さらに建てる時も、基礎や屋根の範囲が広がるのでそこにもお金がかかるそう。

同じ広さの家を建てるとしたら、2階建ての建物に比べて基礎も屋根も2倍必要になるからです。

2人暮らし用のコンパクトな間取りなら、割と手が届きそうな値段ものもありましたが、我が家の場合は、将来私の母との同居を考えると最低4LDKでないといけなそうなんですよね。

そうなるともう手が届かない値段になります(泣)

やはり理想は理想。

建てるとしたら2階建ての家になりそうです。

それでもなかなか難しいんですけどね。

なので、平屋のお宅を見ると眩しく見えてしまいます。

とりあえずまずは、いつも通り貯金を頑張ろうと決意を新たにしました!

スポンサーリンク
関連記事