大きなモノは捨ててから買う!

最近、座椅子やゴミ箱など大きめのモノを買い替えました。

買い替えの時に気を付けているのが、今まで使っていたモノを処分してから買うということ。

これもモノを増やさない秘訣だと思っています。

スポンサーリンク

捨ててから買う

我が家は、住居スペースが狭いため余分にモノを置いておくスペースがありません。

なのでほぼ強制的にモノを捨てなければ、増やすことができない環境になっているんですよね。

モノが増え過ぎなくていいのですが、買い替えの時などはよくよく考えてから買わないと寝るスペースがなくなってしまいます。

今回はまとめて買い替える予定だったので、買う日に全て処分してから買いに行きました。

おかげで狭い思いをせず、無事に買い替えできました。

捨てるのを後回しにするとモノが増える

こんな時に思い出すのが私の実家のことです。

父も母も捨てるのを後回しにしてばかりだったんですよね。

買い替えなのに、今まで使っていたモノも処分せずに空いている部屋に置いておく。

「後で捨てるから」が口癖だったんですが、後で捨てるモノがそのままになり続けた結果、家丸ごとゴミだらけになってしまいました。

捨てるのは少し手間がかかります。

粗大ゴミなら、捨てる手続きをしたり、ゴミ処理場に持って行ったりしなければなりません。

でもその都度捨てていれば、それほど大変じゃないんですよね。

溜めれば溜めるほど、後からお金も手間も物凄く必要になります。

身を持って体験しているので、使わないモノはこまめに処分する。

できるだけ買う前に捨てるを心掛けています。

スポンサーリンク
関連記事