わたしの理想の家の住み方はこれだった。

fe7d99e7ab07b13e471ebf26d8426d5a_s

我が家は、現在賃貸アパートに暮らしています。

周りの友達はちょっとずつ家を建て始めているので、少しうらやましい気持ちになったりすることもあります。

でも、最近読んだ本「ラクするための片づけルール 子どもがいてもキレイがつづく!」の中に

私がしたいと思っていた暮らし方が載っていました。

スポンサーリンク

家を臨機応変に住み替える

それは家族のライフスタイルの変化に応じて、住む家を変えるというもの。

子どもに部屋が必要になったら少し広めの部屋を借りて住み、子どもが1人暮らしを始めたりして、必要なくなったらまた小さな部屋に住み替える。

子どもには、部屋を貸してあげているという気持ちで、大きな家具を買い与えすぎないようにするなど。

柔軟に住むところを変えて、持ち物も見直して、最終的には夫婦でコンパクトに暮らす。

私にとってすごく理想の暮らし方だな~と思いました。

実際、実家は私や妹が家を出た後、部屋が全く使われずに物置になっていてもったいなかったです。

2階建てでしたが、主に過ごすのは1階で2階は寝るときと物置に使っているような感じでした。

そう考えると広い家が必要なのは、一生のうちで短い期間だけかもしれません。

家も物も持ちすぎずに、シンプルにコンパクトに。

これからも、そんな暮らしをしていきたいです。

スポンサーリンク
関連記事