持たない暮らしでも季節のイベントは大切にしながら暮らす

27432346856ed5e22baa1012f084374d_s

ついこの間まで暑くてしょうがなかったのに、今はもう寒くて暖房をつける日が増えてきました。

もうすぐ今年も終わり。

その前に楽しいクリスマスや年越しなどがありますね。

スポンサーリンク

 四季とともに暮らす

我が家は、皆そういった時期はすごく仕事が忙しいので、家族でのんびりイベントを楽しむことが難しいです。

それでも子どもが生まれてからは、クリスマスやお正月はそれなりの食事をしたり、プレゼントを渡したりするようになりました。

持たない暮らしをしてから飾るモノは一切持たなくなったけど、「森きみの毎日の家事が楽しくなるシンプル暮らし」を読んでから、四季のイベントを楽しむってすごい大事だなと感じます。

私の子どもの頃は、十五夜にはススキやお団子をお供えしたり、お正月前には家族で餅をついたり、1月7日に七草粥を食べたりいろんなことをしました。

そういうことって、知らないうちに心に記憶として残ってます。

日本の四季に伴った年中行事。

別にやらなくても支障がないものも多いけど、せっかくなら家族で行事を楽しみたいし、子どもにもいろんな経験をさせてあげたい。

いろんな経験を通して、心が豊かに育つからです。

四季とともにその時期に楽しめることを大切にしながら、暮らしていきたいなと思っています。

スポンサーリンク
関連記事