モノのために家賃を払わないと決めていらないモノとは決別します。

モノは、買って終わりではなく、置いておく場所が必要になります。

なので、モノが多ければ多いほどスペースが必要。

たくさんモノを保管して置けるように、広い住まいに引っ越しすることもあります。

でもそれは、モノのために家賃を払っていると同じ事。

モノのために家賃を払うな!~買えば買うほど、負債になる」を読んで、そのことを知って衝撃を受けました。

スポンサーリンク

モノのために家賃を払いたくない

モノがあっても、快適に暮らすにはそれ相応のスペースが必要になります。

以前は私も部屋が狭いから、収納が少ないから片付かないんだと思っていたんですよね。

もっと広い収納と広い部屋があったら、キレイな部屋になるし、スッキリ暮らせる。

そう思い込んでいました。

でも断捨離に目覚めていらないモノを捨てるうちに、収納も部屋も変わらない大きさなのに、スッキリ片付き、快適に暮らせるようになっていきました。

とにかくいらないモノが多かったんですね。

実際使っているモノって一部だけで、押し入れに詰め込まれた日用品も服もいつか使うかも・・・としまっているだけ。

そういうモノのせいで、限られた生活スペースが圧迫されていたことに気付きました。

必要なモノ以外は思いきって処分することで、モノを置いておくスペースを少なくできます。

家族のために広い住まいに移って家賃を増やすことはあっても、モノを置いておく場所を確保するためだけに家賃を増やすことはしたくない。

そのためには、やはり定期的なモノの見直しをして、不要なモノをどんどん処分していくことが大切ですね。

まとめ

我が家は賃貸なので、モノが置ける場所が限られています。

それでもできるだけ快適に暮らしていたいので、モノを減らして持ち過ぎない。

モノのために家賃を払うことがないようにしたいなと思っています。

スポンサーリンク
関連記事