「家族の物は勝手に捨てない。相談してから。」が我が家のルールです。

断捨離にはまりたくさん物を捨てていたとき、夫の物が気になってしょうがない時期がありました。

家の中の物をとにかく少なくしたかったのです。

今思うと完全に捨てたい病を患っていました。

スポンサーリンク

捨てるときは所有者の許可をもらう

夫は元々物に執着心が少ない方なので、使ってなさそうなものはどんどん捨てさせてくれます。

それでも気を付けていたのは、大事にしている本やゲームは、勝手に捨てたり売ったりしないこと。

私も大切にしている本やDVDなどがあり、それらが勝手に処分されたら絶対嫌だからです。

一緒に暮らしてるからには、それぞれ物を所有する権利も大事にしなければいけないと思います。

なので例えば、本棚が溢れそうで減らしたいときはその都度相談。

自分の本の処分も一緒に考えます。

子どものおもちゃなどは、今は私が使っていない物を判断して処分したりしています。

もう少しものわかりがよくなったら、一緒に物の見直しをしていくつもりです。

(今は機嫌が悪いと手当たり次第、ごみ箱に捨てる癖があるので・・。)

断捨離は中毒性があるので、加速しすぎて楽しみが持てない家にならないように心掛けていきたいです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

暮らしづくりの参考にしているテーマ

少ないモノで暮らす
ミニマリストの持ち物
スッキリさせた場所・もの
無印良品 オススメのモノ
簡単♪上手に節約術
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
家計簿みせて♪

おすすめの記事

断捨離を効率よく行う方法
ストレスフリーで貯金を増やす
日用品も使い切る生活へ
スッキリにかかせない収納用品
話題のおいしっくすを試した件

ランキングに参加中です!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

こちらの記事もどうぞ



関連記事