小さい住まいだからこそ軽く生きられる。

我が家は2DKの 賃貸アパートで4人暮らしです。

今はまだ子どもが小さいのでこの狭いアパートでも十分暮らしていけます。

しかし何年かして子ども用の部屋が必要になったら、もう少し広いところを借りるつもりです。

その後子どもが自立して家を出たら、また小さい住まいに住み替えたい。

これが、今の私の理想の暮らし方です。

スポンサーリンク

小さい暮らしはいろんなことが楽

小さい住まいは掃除も楽だし、収納が少ないので一定以上物が増やせません。

ずぼらな性格の私には、この小さな暮らしがぴったりだとつくづく思います。

ドミニック・ローホーさんの本「屋根ひとつ お茶一杯 魂を満たす小さな暮らし方」の中でも、小さな住まいで暮らすことは自分のエネルギーの浪費を抑え、身軽で質の高い生活をすることができると書かれています。

家や物など、物質的な物に束縛されずに自由に身軽に生きていきたい。

小さな生活を送る中で、自分が本当に必要な物大切にしたいことを見極めて、シンプルに暮らしていけたら・・と思います。

スポンサーリンク
関連記事