空間を埋めない。空間があることで心にゆとりが生まれる。

f8697acfda989751f590c3ad57a596ff_s

断捨離を続けていると収納スペースに余裕が生まれ、物が置ける空間ができます。

最初の頃は空間ができるたびに、「物が増えてもここに置けるからよかった」と思っていました。

なので、その空間はいつもあっという間に埋まっていました。

スペースが空いたら、そこには物を置くものと無意識に決めつけていたのです。

スポンサーリンク

空間は空けたままでいい

でもゆるりまいさんの「なんにもない部屋の暮らしかた」を読んだとき、必ず物を置く必要なんてないんだと初めて気付きました。

何も置いてない空間にときめき、何もない空間に憧れました。

それから私も棚にスペースができても、何か置くことをやめました。

置こうとしなければ、物も増えません。

物が置いてない空間が増えていくと、

気持ちもすっきり。

風通しがいい!

限りなくシンプルに、豊かに暮らす」にも、空間を埋めないことで心の余裕が生まれると書かれていました。

空間がもたらす影響は、思っていたより大きいものかもしれません。

スポンサーリンク
関連記事