物置部屋を作らない。モノは収納スペースに収まる量で管理する。

かつてあった私の実家は、祖父母の家と両親が建てた家2軒が繋がった状態でした。

2軒分なので部屋が余分にありましたが、使っていない部屋のほとんどが物置部屋になっていました。

スポンサーリンク

物置部屋だらけの家

祖父母が亡くなると、祖父母の家全部が物置き場に。

私と妹が自立して家を出ると、私と妹の部屋も物置き場になっていきました。

父も母も捨てられない性格だったので、モノは増え続ける一方。

私が実家に帰った時に片付けても、次に帰った時には新たなモノで埋まっている状態でした。

モノが捨てられない性格の人は、部屋があるだけモノが増えるんだなとこの時実感しました。

一部屋をクローゼットに。

実家の状態に愕然とする一方で、以前の私は「一部屋まるごとクローゼットにできたらすっきり片付くのに」と憧れを抱いていた時期がありました。

今は2DKに住んでいますが、3DKに住めたら一部屋をクローゼット兼モノを収納する部屋にしたいと思っていたんですよね。

お気に入りの服やバッグをたくさん買って、キレイに並べて収納したい。

部屋をウォークインクローゼットのように使いたかったんです。

実際、そのような収納術を紹介している本を何冊も見ました。

でも今は、この願望を叶えなくてよかったなと思います。

モノのために家賃を払いたくない

我が家は賃貸なので、広い部屋を借りれば借りるほど家賃が高くなります。

モノを置くためだけの部屋なんて、もったいなくて作れません。

それに余分な部屋があるほど、モノが増えやすくなりコントロールするのが難しくなります。

やはり私は、必要なモノを限られた収納で管理するのがちょうどいい。

制限のあるスペースに合わせて、モノを持ちたいです。

まとめ

今考えると、実家の物置部屋は本当に贅沢な使い方をしていたなと思います。

それゆえに、無駄なお金も払っていたんですけどね。

本当にもったいなさすぎる!

私はミニマルな暮らしをしたいので、モノのために家賃を払うことは絶対したくありません。

「モノは、収納に入る量で管理する」を徹底して、モノに翻弄されないように暮らしたいです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

暮らしづくりの参考にしているテーマ

少ないモノで暮らす
ミニマリストの持ち物
スッキリさせた場所・もの
無印良品 オススメのモノ
簡単♪上手に節約術
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
家計簿みせて♪

おすすめの記事

断捨離を効率よく行う方法
ストレスフリーで貯金を増やす
日用品も使い切る生活へ
スッキリにかかせない収納用品
話題のおいしっくすを試した件

ランキングに参加中です!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

こちらの記事もどうぞ



関連記事