楽な暮らしは自分が決める

育児に追われるようになって思ったのが、やらなきゃならないことを楽にこなしたいなということ。

料理や掃除、お金の管理などの家事を、できるだけ楽にきちんと続けられるようになる方法がないかと思って、いろんな本を読んで試していた時期もありました。

もちろん、自分に合った方法も合わなかった方法もあります。

合わない方法をやっていたときは、できない自分がなんだかダメな自分に感じてしまったり。

スポンサーリンク

自分に合う方法を選ぶ

そんな時読んだ「主婦力ゼロからのやってみた家事」には、ずぼらな私が共感することばかり書かれていて、なんだかホッとしてしまいました。

例えば料理に関することでは、作り置きや一汁一菜がむかなかった話、整理収納に関することでは、隠す収納やラベリング・分類収納の話など。

「そうそう、私も合わなかった!」と思うエピソードがたくさんあると、共感を通り越して癒されるんですよね。

逆に、自分には合っていたフリージングやミニマムな暮らしについても書かれていましたが、新たな気づきになりました。

著者のマルサイさんならではの家事のコツも紹介されていたので、自分に合いそうなものは取り入れたいなと思います。

流行りの家事はいろいろありますが、合わなくても大丈夫。

自分に合った方法は、自分で選べばいいんだということに改めて気づかされました。

スポンサーリンク
関連記事