ゆるくシンプルにこだわらない生活へ

持ち物を極力少なくして暮らしたいと思って断捨離を続けてきました。

一時期は、ミニマリストを目指して使っていないモノはことごとく処分したことも。

でも行き過ぎた断捨離は、私にとってストレスの元になっていったんですよね。

モノがあることが許せなくなったり、家族のモノが気になったり。

そんな時期を経て、今はゆるくモノを持ち過ぎない暮らしを実践しています。

それが私にとって、丁度よかったんです。

スポンサーリンク

こだわらない生活

家族が増えるとその人数分持ち物が増えます。

子どもたちも自分の好みがはっきりしているので、私にとってはいらなそうに見えても実は大切なモノだったりするんですよね。

そういうモノを勝手に捨てるとよくないので、本人に確認してから決めるようにしています。

そうやって生活をしていると、以前よりは確実にモノが増えてきています。

でもモノを減らすことにこだわらなくなった現在、モノの増減にそんなに神経質にならなくなりました。

それが気持ち的に楽で、私にとっては最適です。

もちろん自分のモノは、定期的に見直していらないモノは処分するようにしています。

捨てるのが趣味の一つなので、いらないモノは捨ててスッキリしたいんですよね。

それ以外のところは、ゆるくシンプルな暮らしでいいかなと思っています。

もしもっとモノを減らすならやはり子どもたちが巣立った後に、老後に向けてモノを減らす時だと思います。

死ぬ時には持ち物は最小限にしたいと思っているので、その時期が少し楽しみでもあります。

スポンサーリンク
関連記事