持たない暮らしでも好きなモノは持つ理由

ミニマリストのように、必要なモノ以外バッサリ捨ててしまいたいと思っていた時期がありました。

そして実際に、必要ないモノはとことん捨ててしまったこともあります。

その頃は今よりももっとモノが少なかったですが、長くは続かなかったんですよね。

スポンサーリンク

好きなモノは持つ理由

モノを捨てて身軽になると本当にスッキリします。

特に全く使わないモノは、捨てても後悔しませんでした。

でも捨てようか迷うモノ、好きかもしれないけど使ってないモノは、捨ての判断が難しいですよね。

当時、ミニマリストになりたくて、捨てハイになっていた私は、そういったモノもどんどん捨てていきました。

好きな本も、消しゴムハンコを作る道具も、お気に入りのDVDも・・・。

捨ての作業に没頭していた時は、それでも何とも思わなかったんです。

でも捨てるモノがなくなって捨て作業が一段落したあと、毎日が退屈になってしまいました。

捨てる以外の楽しみがなくなっていたんですよね。

日々の生活の中には、やはり自分が好きなことをする時間は大切。

私は、インドア派なので読書をしたり、テレビをみたり、ハンドメイドをしたりすることが好きです。

なので、それに関わるモノをなくしたら、楽しみを無くしたのと一緒なんですよね。

捨てまくったあとで、そのことに気付きました。

なので、捨てたコトを後悔して結局買い直したモノもあります。

自分の好きなモノは、持っておく。

大事なモノを持てるスペースを確保できるように、不要なモノは捨てる。

これが、私に合った持たない暮らしだなと思います。

スポンサーリンク
関連記事