ミニマリスト主婦を目指していた時たくさん捨てたのは収納用品だった。

081911a8bb3b927a5a714896ee009b4a_s

わたしのウチには、なんにもない。」のゆるりまいさんに憧れて、ミニマリストになりたいと本気で思っていたことがありました。

当時はまだ押し入れにモノがたっぷり、服も今の倍以上持っていたけど、そんなに執着心がなかったので、どんどん捨てました。

その結果、残ったのがたくさんの収納ケースやカゴだったんです。

スポンサーリンク

使わなくなった収納用品は処分が大変

前は、収納ケースにモノが入らなくなると収納用品を増やせばいいと思ってたんですよね。

そしてどんどん増えるケースやカゴ。

収納用品が増えると安心して、またモノが増えるという悪循環に陥ってました。

でもモノを減らしたいと思って、捨て始めると今度は逆に収納用品が余り始める。

そしてケースもカゴも嵩張るので、捨てるのが結構大変。

普通のゴミに出せない大きな引き出しケースなどは、何回もゴミ処理センターに持ち込みして処分しました。

収納用品もやっぱりモノの1つだったんですよね。

それ以来、収納に困っても安易に収納用品を買うのはやめようと決意。

本当に必要かどうか1カ月以上様子を見てから、それでも必要なら購入するようになりました。

今ある収納に入らなくなってきたら、モノが増えてきた証拠。

ゆるいミニマリストな暮らしをするようになってからは、収納を増やすのではなくモノを減らすことを重視するように。

基準があると、モノを溜めこみづらくなります。

これからも、収納をできるだけ増やさず、今のスペースを維持しながらスッキリ暮らしていきたいなと思います。

スポンサーリンク
関連記事