シンプルな部屋にするためにはインテリアの色を絞った方がいい。

613a05c36384058b89fdc1ce74bba7de_s

シンプルな部屋にしたいと思った時、家具や家電、雑貨などの色を4色で統一することにしました。

色を絞るとそれだけで、部屋がスッキリして見えます。

スポンサーリンク

家具はナチュラルなベージュ

以前はパリのインテリアにはまっていたこともあり、カラフルな物が好きでした。

でもセンスがないとどれも色の主張が強くて、ごちゃごちゃ感が増すばかり。

シンプルな暮らしをするなら、大好きな無印のお店のようなシンプルでナチュラルな部屋を目指そうと思ったのです。

なので、家具を買うときは無印かナチュラルな色の物を選びました。

その結果、以前よりスッキリ統一感がある部屋になりました。

家電や雑貨は白か黒

できれば家電や雑貨は全て白にしたかったのですが、テレビやブルーレイレコーダーなどは黒の物が多いので諦めて黒にしました。

でも黒があると空間が引き締まります。

適度に黒も取り入れて、メリハリがある少し男前なインテリアもいいなあと思っています。

ファブリック類はグレー

カーテンなど目立つところのファブリック類はグレーに。

やはりこちらも白が理想でしたが、子どもが汚れた手で無差別に掴んだり遊んだりするのでやめました(^_^;)

汚れが目立たないし、シンプルで部屋のインテリアにも合うのでグレーにしました。

色を決めると全体的にまとまる

部屋に使う色を決めていると、家具や家電などを買うときの一つの指標になります。

私の場合は、実際お店で見ているうちに、カラフルな物に惹かれて衝動的にそれを選んでしまい、買った後に後悔することがあったので、そんな失敗も減りました。

シンプルな部屋作りには、ある程度色を決めてそれに沿って選ぶのが効果的です(*^_^*)

スポンサーリンク
関連記事