知らないうちに妹がどんどんミニマリスト化。妹が処分した2つの物。

79939916c9dbaf8fc1f9a432b3fcb0a2_s

私には4つ年下の妹がいます。

今は東京で働いていて旦那さんと二人暮らしをしています。

最近連絡を取ったところ、シンプルライフという言葉もミニマリストという言葉も知らないのに、どんどん暮らしがコンパクト化していることを知りました。

スポンサーリンク

テレビはいらない

元々旦那さんも妹も家にいるときほとんどテレビを見ないそうです。

結婚した当時に購入したけど、見ないので線を抜いて部屋の隅に保管していたらしい。

その後結局見ることがなかったので、ついに処分したと言っていました。

ニュースや情報を知りたいときは、ネットで調べたりするそうです。

我が家はテレビが必要不可欠で、絶対処分できません。

それを実現できたなんて羨ましすぎる・・・。

炊飯器もいらない

そして、もう一つ処分したのは炊飯器。

壊れかけてて買い換えようか迷っていたところ、お鍋でごはんを炊いたらとてもおいしかったらしく、買い換えるのを止めたそう。

その後炊飯器が壊れたのでそのまま処分。

あるのが当たり前だと思っていても、実は自分にとってなくても大丈夫な物ってあるんですね。

住んでいるところもロフトつきの1Kの賃貸マンション。

かなりコンパクトな暮らしです。

意識してなくてもどんどんミニマリストな生活に近づいている妹が、ちょっと羨ましかったです。

スポンサーリンク
関連記事