めんどくさいお弁当作りのハードルを下げてくれるレシピ本

子どもたちが幼稚園に通っていた6年間、何とか毎日お弁当作りをしてきました。

めんどくさがりな性格なので、キャラ弁を頑張っていたのも最初のうちだけ。

とりあえず完食できそうなものを中心に詰めていました。

アレルギー持ちの娘が小学校で給食を食べられそうなので、ようやくお弁当作りを辞められるとも思ったんですが・・・。

子どもたちのお弁当を作る傍ら夫のお弁当もできる範囲で作っていたんですが、私がお弁当作りをやめたら確実に昼食代がアップしてしまう・・・😥

ということで、4月以降もそれなりにお弁当作りを継続することにしました。

そう決心できたのも、藤井恵さんの「藤井弁当 お弁当はワンパターンでいい!」というレシピ本に出合ったから。

これを読んでから、そんなにお弁当づくりに気合を入れなくてもいいんだ・・・と気持ちが楽になりました。

使うのは卵焼き器だけというのもいいです。

おかずは3品のみで、すべて卵焼き器を使って作ります。

副菜としての野菜、卵焼き、主菜のお肉や魚介を作って詰めるだけ。

おかずはある程度パターンを決めて、ローテーションするだけなのでメニューを考える手間も少ないんです。

夫の分だけのお弁当ならこれで楽に作れそう・・・!

ということで、何とか継続していく決心がつきました。

食費の節約のためにも、頑張ろうと思います。


<参考にしているテーマ>

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
小さい家でも、おしゃれインテリア
ミニマリストの持ち物
簡単♪上手に節約術
家計簿みせて♪
お金を貯める方法

ランキング参加中です!ポチっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク