LDKが狭いのでダイニングテーブルがない暮らしを継続中

我が家のLDKは14畳でコンパクトな間取りになっています。

正直もう少し広くてもよかったなと思うのですが、1階に母と同居する時のためにもう1室欲しかったので諦めました。

スポンサーリンク

LDK14畳

実際住んでみて感じたのが14畳だと、一般家庭にあるようなダイニングテーブル、テレビ台、ソファーを置くとかなり部屋が窮屈になるということ。

我が家は子どもたちがまだ小さいのでLDKで過ごすことがほとんどで、おもちゃを散らかしたり、走ったりすることも多いんですよね。

家具をそれなりに揃えると遊ぶスペースがなくなってしまう・・・。

ということで、当分の間はダイニングテーブルではなく、今まで通りこたつテーブル+座椅子生活を継続することにしました。

必要に応じて簡単に移動させられるので、場所を有効活用できてこれはこれでいいなと感じてます。

子どもたちの成長によってまた変更するかもしれませんが、今はこれが一番楽なのかもしれません。

終わりに

家具が少なめだと床掃除の手間も省けていいですね。

でもソファーにのんびりくつろぐ生活にもやっぱり憧れます。

いずれ実現できたらいいな・・・。

スポンサーリンク
関連記事