小さな暮らしをしていると幸せを感じやすくなる

身の丈に合った小さな暮らしや持たない暮らしをしていると、幸せを感じる機会が多くなったように思います。

「もっともっと!」と、モノや暮らしの豊かさを求めていた時は、現状の暮らしに満足することができていませんでした。

スポンサーリンク

小さな幸せ

たくさんモノが欲しいと思わなくなってから、段々今の暮らしに満足できるようになりました。

身の丈に合っている暮らしだと金銭面でも苦しくないし、物欲に振り回されることもありません。

その分、ちょっとしたことがとても嬉しく感じるようになったんですよ。

例えば我が家のお風呂は、大人が足を伸ばせない大きさです。

なので旅行などで泊まったホテルで、足が伸ばせるお風呂だとそれだけでとても贅沢な気分になります。

以前あった私の実家のお風呂は足が伸ばせる大きさのお風呂でしたが、それが当たり前だったので何にも感じたことがありませんでした。

でも今は、そんなお風呂に入れただけでとても幸せな気持ちになれます。

「ない」ことが普通だと、「ある」ことがとても貴重に感じられます。

ちょっとしたことに、感動したり感謝したり幸せを見つけることができる。

そんな人生を送りたいなと思っていましたが、小さな暮らしをすることでいつの間にか実現できていました。

自分の捉え方次第で、どんなこともプラスにもマイナスにもなります。

生きているといろんなことが起こりますが、できるだけプラスに前向きに考えられるようになりたいなと思います。

スポンサーリンク
関連記事