幸せに生きるって本当はとてもシンプル

1c3175edea1dd185e66aee549859feb9_s

「何かいいことないかなー」

子どもの頃からの私の口癖でした。

大人になってもなんか毎日つまらなく感じていて、

いつも満たされず、心の中で幸せになりたいとばかり思っていました。

スポンサーリンク

平凡な日常が何よりの幸せ

人付き合いが苦手で、人間関係の悩みが尽きなかったせいもあるかもしれません。

今でもそれは変わりませんが、前より自分の幸せに気づけることが多くなりました。

そのきっかけをくれたのは、息子です。

息子は、食物アレルギーがあり卵・小麦・乳製品・一部の果物を食べることができません。

間違って食べると命の危険があります。

今はいろんな食べ物に興味を持っていますが、食べられないことを伝えるとそれ以上欲しがらなくなりました。

いつも代わりに食べれるものを用意していますが、そのたびに思うのです。

食べたいものを食べられるって、どれだけ幸せなことなんだろうって。

当たり前にできることは、当たり前すぎて気づかないことが多いです。

でも、そこに気づけると自分の幸せに気づける機会が多くなります。

平凡な毎日が本当は何よりも幸せ。

日常の中にある小さな幸せを見つけながら、それに感謝して生きていきたいです^^

スポンサーリンク
関連記事