子どもがいるとこの時期に毎年かかる大きな支出とは。

毎年この時期になると、大きな出費があります。

それは、インフルエンザの予防接種代。

任意接種で保険がきかないため、結構高いんですよね。

病院によって多少金額の差はありますが、我が家が受けているところは子どもが1回3200円、大人が3000円になります。

我が家は毎年家族全員が受けていますが、子どもの場合は2回接種する必要があるので、子どもが2人になってから2万円近くかかるようになりました。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種

幼稚園のお母さんたちに聞いてみると、毎年受けている家庭もあれば、全く受けないという家庭もあります。

予防接種を受けていても、インフルエンザにかかったという話もちらほら。

高いお金を払ってインフルエンザにかかってしまうと、なんだか損した気分にもなってしまいますよね。

でも予防接種をすれば重症化しないということで、我が家は毎年受けることにしています。

息子が幼稚園に行くようになってから実感したのが、とにかくいろんな病気にかかりやすくなるということ。

しょっちゅういろんな感染症をもらってきます。

ちなみに、現在は溶連菌に感染中(汗)。

集団生活を始めるとなかなか避けようがないんですよね。

なので、自分で予防できそうなものはできるだけ予防しておく。

通常の予防接種も全て受けさせています。

後で後悔することがないように、ここの部分に関してはお金を節約するところではないと考えてます。

しかしながら、将来を担う子どもたちの分だけでも、インフルエンザの予防接種をもう少し安くして欲しいなと毎年思ってしまうんですよね。

誰もが受けやすい予防接種になってくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
関連記事