生活必需品をお気に入りのモノで揃えると持たない暮らしでも満足できる

持たない暮らしをする前は、雑貨をたくさん飾って素敵な部屋にしたいと思っていました。

なので雑貨屋さんで気に入ったモノは、よく考えずに欲しい気持ちだけで購入。

どんどんモノが増える一方でした。

上手に飾れるセンスがあればよかったのですが、私にはそのセンスが皆無だったのでインテリアも常に微妙だったんですよね。

結局持たない暮らしをしたいと思うようになって、一番捨てたのはそういった飾るために買った雑貨でした。

雑貨は買取ってもらってもほとんど値段がつかなくて、ショックも受けましたね。

それ以来、飾るためだけのモノは極力買わないようにしようと心に決めました。

スポンサーリンク

持つべきモノをお気に入りに。

モノをたくさん処分した後は、厳選したお気に入りのモノに囲まれて暮らしたいと思うように。

少しずつ買い替えていくうちに、徐々にお気に入りのモノが増えてきました。

私は、特に無印良品が好きなので無印で買ったモノが多めです。

使うモノがお気に入りのモノだと、特別部屋を飾ったりしなくても満足できるようになるんですよね。

最近読んだ「あえて選んだせまい家」の中で、のこのこママさんも同じようにおっしゃっていました。

持つべきキッチンツールや文房具、日用品などをお気に入りにすることで、飾るためだけの雑貨をわざわざ買わないのだとか。

必需品だと使うことも多いし、使うたびに嬉しい気持ちになるので、自然と満たされてくるんですよね。

そうすると、余計なモノを増やさずに済みます。

まとめ

生活必需品はお気に入りのモノを持つことで、多くのモノを持たなくても楽しく満足しながら暮らすことが私の理想の暮らしだと改めて気付きました。

無理に我慢したりするのではなく、自然とそういう暮らしをしていけたらなと思います。

スポンサーリンク
関連記事