12年住んだアパートの退去費用。驚きの金額でした。

昨年、家を建てたので社宅借り上げのアパートから引っ越しました。

なんだかんだ言って気づけば12年も住んでた!

社宅借り上げだったので、我が家が引っ越す前も5年程別の人が住んでいたみたいです。

スポンサーリンク

アパートの状況

トータルで17年も会社が借りていたようなんですよね。

社員同士がアパートを入れ替わる時は、もちろんハウスクリーニングなどは入りません。

なので私たちが入った時は、タバコで壁紙が黄ばんでいたし、網戸がなぜか一部四角く切り取られていました。

さらにベランダには大量の土入りの鉢が転がっていて、片付けるのが大変だったんですよ。

入居時の状況は入る時に細かく記録して、修繕費を取られないように報告しました。

それでも12年も子ども連れで住むと、扉などに傷がついてしまったり、塗装が剥げてしまったり・・・。

畳は傷みが激しかったのとカビが発生して、住んでいる間に2回程自腹で交換しましたが、それでも結構擦れてしまっていました。

退去後、立ち合いまでの間にできる限り掃除してきれいにしましたが、やっぱり限界もある・・・。

ある程度の出費は覚悟して立ち合いに臨みました。

退去費用

いよいよ不動産屋さんの立ち合いの日。

この日で全てが決まると思って(大げさ)ドキドキしながら、確認している不動産屋さんを待ちました。

17年住んでいた割には、すごくきれいですねと言われて、ちょっとホッとしました。

不動産屋さんの話だと15年過ぎると物件の価値はほとんどなくなるとのこと。

後ほど会社を通して連絡しますとのことでした。

会社からも退去費用の一部は補填されるのですが、足りない部分は請求されます。

今回は会社からの請求はありませんでした。やったー!

貯金が乏しかったので、本当に助かりました。

おわりに

一歩間違えれば多額の請求かもと怯えていましたが、退去費用の自腹がゼロで嬉しかったです。

というのも我が家が借りていた家賃は、当初の値段のままだったみたいなんですよ。

社宅借り上げなので知らなかったのですが。

住人が入れ替わった部屋は築年数に応じて家賃が下がっていったようですが、借りっぱなしだと下がらないんですね。

その分を加味しても、十分元を取れてそうな気がします。

とりあえずこれ以上請求されなくて、ほんとよかったです!

スポンサーリンク
関連記事