老後に必要な生活費をシミュレーションしてみました。

貯金をしなければと思う理由の1つに上げられるのが、老後の生活のためではないでしょうか。

今後年金の支給開始年齢が上がったり、もらえる年金の額が少なくなったり、不安になる要素がたくさんありますよね。

私も、教育費と同時に老後の資金も貯金しなければと思っているのですが、一体いくら必要なのかシミュレーションしてみました。

スポンサーリンク

老後に必要な金額

このまま賃貸での生活を続けると仮定して、必要なお金を計算してみました。

・家賃 50000円

・光熱費 25000円

・通信費 10000円

・NHK受信料 2000円

・車関係費 20000円

・食費 35000円

・日用品費 8000円

・医療費 10000円

・ガソリン代 8000円

・お小遣い 20000円

・予備費 5000円

支出合計 193000円

上記の他に、介護保険料の支払いもあると思いますが、金額が明確でないので除きました。

車関係費は、車2台を所有したらと仮定しての計算です。

我が家は年の差があるので、夫が定年になっても私が仕事をしている可能性があります。

そうなると、1人につき1台は必要になりそうなので、2台所有する場合の税金や車検代などを計算しました。

生命・医療保険は、夫の定年時65歳に払い込みが終了するように契約しているので、65歳以降は支払いが不要になります。

今とあまり変わらない生活を送るには、月20万円必要だということがわかりました。

夫の会社は退職金が出ないので、年金が月10万円もらえるとしたら、残り10万円分を貯金しなければなりません。

30年生活するとしたら、3600万円貯金が必要になりますね。

老後に必要な資金は3000万円とよく言われていますが、確かにそうかもしれません。

まとめ

普通に貯金するだけだと、かなり大変な金額を貯めなければならないことがわかりました。

やはりイデコや投資などをしながら、積極的にお金を増やしていかなければならないですね。

必要な金額を具体的に知ることで、今からやるべきことがはっきりして気も引き締まります。

今後はもっと貯金と投資に力を入れていきたいと思います!

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

暮らしづくりの参考にしているテーマ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
シンプルで機能的な生活
スッキリさせた場所・もの
服の断捨離 ・ 整理収納
無印良品 オススメのモノ
ぷち節約
時短家事の工夫

おすすめの記事

断捨離を効率よく行う方法
ストレスフリーで貯金を増やす
日用品も使い切る生活へ
スッキリにかかせない収納用品
話題のおいしっくすを試した件

ランキングに参加中です!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

こちらの記事もどうぞ



関連記事