「年金14万円さらに税金がかかります。」という記事を見て

先日、「年金14万円さらに税金がかかります。」という記事を見ました。

厚生年金保険受給者の平均年金額は14万6000円となっています。

年金は「雑所得」になるので、所得税と住民税が課税されるとのこと。

ということは、実際の手取りはさらに減ってしまうんですよね。

スポンサーリンク

年金から引かれる

65歳を過ぎて年金をもらっている母に確認したところ、介護保険料も引かれているんだとか。

元々少ない年金なのに、引かれる項目が多くて驚きました。

私たちが年金をもらう頃には、さらに支給額が下がって開始年齢は上がってそうなのでもっと手取りが少なくなってそう。

というか年金まだ続いているのかも怪しい・・。

これから老後資金は自分で何とかしなければならない時代に、本格的に入っていきそうですね。

そして生涯現役で働くとか・・。

ゆっくり老後生活を送るには、現役時代にどれだけ老後資金を貯められるかにかかっています。

今の生活でもいっぱいいっぱい感がありますが、無駄を減らして身の丈生活することの大切さを改めて思い知らされました。

おわりに

老後のことを考えるとなんだか不安になりますが、今やれることはコツコツ貯金しておくことだと思います。

お金に余裕があるなら投資に回すとさらにいいですよね。

我が家もできることをコツコツやっていきたいなと思います。

スポンサーリンク
関連記事