今年の冬は服を買っていませんでした。

以前はシーズンごとに服を買うことが当たり前でした。

さらに冬はアウターやらブーツやら、持っているはずなのに新しく買わなければと思っていたんですよね。

それが現在、冬に入っても自分の服を一着も買っていないことに気づきました。

スポンサーリンク

持っている服を大事に着回す

今はコロナで出かけることがめっきり少なくなったのもありますが、送り迎えの時もコートを着ていれば中は何でも大丈夫。

数年前に買ったセーターを今年も着回しています。

シンプルな服が好きなので、流行りも関係なくずっと着られるのが楽でいいんですよね。

お気に入りの物を4~5枚ローテーションで着れば、劣化も遅くなるので来年も着られそう。

ファッションが好きな人には物足りないと思いますが、私にはこれで十分だとわかりました。

子どもの服は成長に合わせて買い替えが必要なので、私の服よりもそちらを優先しています。

なんで昔はあんなに服ばかり買っていたんでしょうね。

かなり贅沢というか無駄な支出が多かったなと反省してます。

おわりに

服ってそんなに買い足さなくても、持っている物だけでも何とかなるものだなと改めて気づきました。

余分な支出を減らすことは節約につながるので、かわいいだけで服を買うのはやめようと心に誓いました!

スポンサーリンク
関連記事