一生物と思ってモノを買う時ほど注意しなければならないと思う2つのワケ

高価なブランドバッグや靴、家具や家電など・・・。

普段自分が買えると思っている価格より、かなり高いモノを買う場合、「一生物」と思って買う時があります。

私も今まで「一生物」と思って買ったバッグやコート、アクセサリーなどいろいろありました。

ずっと欲しかった「一生物」を手に入れた時、すごく幸せで満ち足りた気持ちになります。

一生大事にしよう!

そう思っていたはずなのに、時と共に気持ちに変化が表れてきました。

スポンサーリンク

2つのワケ

大事にしすぎて使えない

身の丈以上のモノを持ってしまうと、もったいなくてなかなか使えないことってありませんか?

私は、奮発して服やバッグを買った時によくこうなりました。

一生物のバッグは、特別の時に使うように保管しておいて、とりあえず今まで使ってたバッグを使おう。

頑張って買った服は、汚れるの嫌だからどこか出かける時に着よう。

結局、思い切って買ったモノほど、もったいなくて日常生活で使えず、ずっとクローゼットで眠ったまま。

そしていざ使う時になってみたら、何だかデザインが古くなっていて使いづらかったり。

「一生物」と思って買っても、使わなかったら意味がないんですよね。

やっぱり使いやすいのは、多少汚れても気にならない身の丈にあった価格のモノ。

背伸びして高価なモノを買ってしまった時期もあったけど、普段使いやすいモノを選ぶことが何より大事だなと思います。

手放しにくい

一生物と思って買ったモノでも、ある時自分に必要なかったと気付いたり、飽きてしまったりすることがあります。

高価なモノでなければ捨てたり売ったり簡単に処分できますが、一生物と思って買ったモノは手ごわい。

金額も頑張って買ったモノだし、思い入れもあるので本当に手放しにくいんですよね。

売るにしても、納得できる価格で買い取ってもらえることって少ないです。

そうなるといらないと思っても、なかなか処分できずに家に溜まってしまいます。

私も以前、一生物を処分するために気持ちの整理をするのに苦労しました。

せっかく買ったという気持ちと、処分して損をすることが納得できないんですよ。

最終的に、買った金額を考えずに今後使うのか使わないのかで判断しました。

それでも処分するときは、買ったことをものすごく後悔しました。

一生物を買う時は、普通の買い物以上に慎重にならなくてはならないですね。

まとめ

いつかは手に入れたいと思う憧れのモノ、誰にでもあると思います。

なかなか手に入りにくいモノほど、買った後執着心が生まれやすいんですよね。

モノは、使ってこそ生きます。

自分が使いこなせるモノなのか、本当に自分にとって必要なモノなのか、よくよく考えて買うことが大切。

ただ保管しておくだけのモノを増やさないようにしたいなと思います。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

暮らしづくりの参考にしているテーマ

少ないモノで暮らす
ミニマリストの持ち物
スッキリさせた場所・もの
無印良品 オススメのモノ
簡単♪上手に節約術
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
家計簿みせて♪

おすすめの記事

断捨離を効率よく行う方法
ストレスフリーで貯金を増やす
日用品も使い切る生活へ
スッキリにかかせない収納用品
話題のおいしっくすを試した件

ランキングに参加中です!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

こちらの記事もどうぞ



関連記事