子どもの大学資金1人1000万円を貯めるための我が家の貯金計画

我が家の子どもたちはまだ4歳と0歳ですが、やはり気になるのが将来の学費のこと。

私は、奨学金を借りて大変な思いをしたことがあるので、早め早めに大学資金を準備したいなと思っています。

貯金に力を入れているのは子どもに借金をさせず社会人にしたい為
今の時代インターネットを通じて、リアルな情報を知ることができて、本当にありがたいです。 いろんな方のブログを見...

現在住んでいるところが地方なので、将来は首都圏に行くことも考えてできれば1人につき1000万円貯めたいところ。

そんな我が家の大学資金の貯金計画を見直してみました。

スポンサーリンク

半強制的に貯まる金額

学資保険

現在、子ども2人分の学資保険に加入していて、強制的に貯金するようにしています。

私の性格上、自分で自由にお金を貯金し続けるのってなかなか難しいと思ったからです。

どうしても、今の生活中心で考えてついつい甘くなってしまうんですよね。

でも学資保険だと必ず払わなければならないので、ちゃんと貯まっていく安心感があります。

2人分合わせて、満期で660万円貯まる予定になっています。

児童手当

国から支給される児童手当。

これは、そのまま手を付けずに貯金すると400万円近く貯まります。

我が家の場合は振り込まれる通帳を別に用意して、間違って使ってしまわないようにしてます。

なかったものとして貯金するのが一番確実。

ということで、たまに通帳記帳するだけでほったらかしてます。

給料から自動積立

夫の給料から毎月1万円を自動で積立しています。

今までの積立金額とこれからの金額を合わせると、上の子が大学に入る頃350万円程貯まっている模様。

こちらも自動で積み立てているので、基本的にほったらかしてます。

楽にお金を貯めるには、自動で積立をするのが確実だなと思います。

足りない分は、毎月のやりくりから貯金

半強制的に貯まるお金を合わせると、1410万円になります。

子ども2人分で2000万円貯めるには590万円足りないので、この金額は毎月の家計の中からコツコツ貯金していくことになりますね。

子どもが小さいうちが貯め時というので、早めに貯めてしまいたいです。

その後、自分たちの老後の生活費も貯金しなければならないので、無駄遣いしてる場合じゃないなと改めて感じました。

やはりお金をかけるところとかけないところ、しっかり分けて考える必要がありますね。

優先順位を決めて、確実に貯金できるようやりくりを頑張りたいと思います。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

暮らしづくりの参考にしているテーマ

少ないモノで暮らす
ミニマリストの持ち物
スッキリさせた場所・もの
無印良品 オススメのモノ
簡単♪上手に節約術
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
家計簿みせて♪

おすすめの記事

断捨離を効率よく行う方法
ストレスフリーで貯金を増やす
日用品も使い切る生活へ
スッキリにかかせない収納用品
話題のおいしっくすを試した件

ランキングに参加中です!応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

こちらの記事もどうぞ



関連記事